高収益サービスを実現する仕組みを構築

  • TEL : 03-6271-8730
  • 〒104-0061
    東京都中央区銀座6-6-1
    銀座風月堂ビル5F

ペンとノートイメージ 【経営革新コラム】儲かるキラーサービスをつくる社長の視点 経営革新の為の専門コラム

自社の独自の強みで競合を凌駕したい、不毛な価格競争から脱却したい、さらなる成長のため経営を仕組みでまわしたい……そんな経営者の方々のための、気づきやヒントをつづった専門コラムです。ぜひご活用ください。(毎週水曜日更新)

「儲かるキラーサービスをつくる社長の視点」
アクセスランキング

第87話:社長の夢に熱をのせる

  新年あけましておめでとうございます。    本年もどうぞよろしくお願いいたします。 さて、お正月休みはどのようにお過ごしでしょうか。元旦からゴルフに行かれている方もいれば、お正月はゆっくり家族でという方、あるいは初詣に行かれて今年一年の発展を祈願された方もい…

詳細はこちら

第86話:経営者こそセールス力を磨くべき3つの理由

  「セールスを学ぶってイメージ湧かないんですが、どういうことですか?」と、ある経営者に聞かれました。 こちらが、経営者こそセールスを学ぶべきということをお伝えしたところ、ビジネスをやる上でセールスの重要性は理解しているつもりだが、それを学ぶというイメージが湧か…

詳細はこちら

第85話:組織を駄目にする社長の思考

  「うちの社員ではそれは難しいと思います。」―――経営者に対して何か新しいことを提案したときに、このような反応があることも多いです。 確かに「戦略は組織に従う」との表現もあるとおり、戦略オプションの自由度はその実行の担い手である社員の能力に応じて制限されるとい…

詳細はこちら

第84話:自由であるはずの社長を縛りつけるもの

前職の商社時代の先輩で、現在はその商社の子会社で社長をしている方と久々にお会いし一献傾けたときのことです。その方が語る「我々社長がやるべきことは~」というセリフに違和感を感じました。 確かにその方は大企業の子会社といえども一つの会社(法人)の社長です。しかしながら、その方…

詳細はこちら

第83話:なぜ社長が想いを語っても社員は動かないのか

  「どうすれば社員は本気になるんでしょうか?」— そんな経営者の質問に対して、あるコンサルタントが回答しているのを聞いたことがあります。  彼曰く「社長の想いを社員に伝えることです」と。  しかし、社長の想いをいくら語っても、社員からしたらどうでもいいと思われ…

詳細はこちら

第82話:企業の実力は「値決め」に表れる

  「値決めは経営」とは稲盛和夫氏の言葉ですが、数ある重要な経営ファクターの中で、この「値決め」ほど軽んじられているものはないでしょう。  値決めによって当然ながら得られる利幅は変わりますし、ビジネスというのは利益を生み出す競争(ゲーム)なわけですから、本来は稲…

詳細はこちら

第81話:稼ぐ機会を逃さない社長が自らに問うていること

  社長のための「思考と行動の2つの質問」、その1つ目である「心は自由であるか?」について前回お伝えしました。 無意識のうちに自分の中に気づかれた狭い思考の枠に気づき、その枠を取っ払ったクリアな眼で世界(市場)を見ていかなければ、経営においてブレークスルーを起こ…

詳細はこちら