高収益サービスを実現する仕組みを構築

  • TEL : 03-6271-8730
  • 〒104-0061
    東京都中央区銀座6-6-1
    銀座風月堂ビル5F

ペンとノートイメージ 【経営革新コラム】儲かるキラーサービスをつくる社長の視点 経営革新の為の専門コラム

自社の独自の強みで競合を凌駕したい、不毛な価格競争から脱却したい、さらなる成長のため経営を仕組みでまわしたい……そんな経営者の方々のための、気づきやヒントをつづった専門コラムです。ぜひご活用ください。(毎週水曜日更新)

最新コラム

第113話:「会社は人で成り立っている」という社長に限って人を生かせていない理由

  「結局社員を幸せにしないと会社はよくならないんだよ!」「会社は人で成り立っているんだから!」-クライアント先のM社長と一献傾けていたときに、隣の席から聞こえてきた熱いセリフです。 それを聞いたM社長が一言「私も昔はああいうことを言っていましたね。」と苦笑いを…

詳細はこちら

「儲かるキラーサービスをつくる社長の視点」
アクセスランキング

バックナンバー

第112話:「同業」を意識する社長が伸び悩む理由

  「似合う髪型をAIに決めてもらいました!」-美容院で髪を切ってきた友人が嬉しそうに話していました。なんでも、そこの美容院ではAIのアプリで自分に一番似合う髪型のシミュレーションを見ることができるんだとか。 とにかく競争の激しい美容室・ヘアサロン業界において、…

詳細はこちら

第111話: 理念をつくったところで何も変わらない理由

  「ある先輩経営者にそろそろ理念をつくれと言われたんですが、つくった方がいいですかね?」 ― 当社セミナーにお越しになった社長が帰り際にこう聞かれました。 私は(ああ、またか…)と思いながら「そんなこと考える必要ないです。社長にはもっと考えるべきことがあります…

詳細はこちら

第110話:できる社長は社員のことなど考えない?

先日横浜で、実刑が確定している受刑者を収監しようとしたところ、刃物を振り回されたために取り逃したという事件がありました。 職員4名、警官2名の計6名の大人が出向いていって、何もできないまま相手に逃げられてしまったとのことですが、いったいなぜこんなことになるのでしょうか。 …

詳細はこちら

第109話:社長が知っておくべき、儲かっている会社がもつ独特のリズム

「やっと儲かる会社のリズムになってきましたね。」― クライアントとの定例会議にて私から社長にそう声をかけると、「いやー、まだまだ。迷いが消えません。」と笑いながら謙遜をされました。 うまくいっている会社には共通してある特徴があります。それは「経営のリズムがいい」ということ…

詳細はこちら

第108話:なぜそのカイゼンや5Sは意味がないのか?

「いまコンサルの先生に来ていただいて、工場内のカイゼンには着手しているのですが……」― 当社が定期的に開催しているセミナーにお越しになった社長から、セミナー終了後にご相談を受けました。 カイゼンや5Sは外部の先生の指導もありうまく定着しそうではあるが、それだけやっていても…

詳細はこちら

第107話:経営センスのある社長が習慣にしている「ある心がけ」

「経営はセンスだ!ってよくいうじゃないですか。センスがある経営者というのは何が違うんですかね?」― クライアントであるM社長が雑談中に口にされた言葉です。 たしかに私自身も「あの社長は経営のセンスがある。」といった言い方をすることがあります。このセンスという言葉は文脈によ…

詳細はこちら